つらい花粉症の方にもおすすめなライクトフェリンサプリ

一度かかってしまったら自然治療は難しいと言われている一般的なアレルギー症状、花粉症。そのため、花粉の舞う季節は常につらい症状に悩まされます。ラクトフェリンの花粉症への効果は、かなり有効で症状を和らげる効果が期待できます。

花粉症とは、目や鼻の粘膜に花粉が付くと、花粉からアレルギー反応を起こすアレルゲンとなるタンパク質が出ます。体内にあるB細胞がこれを異物として処理しようと、ヒスタミンやロイコトリエンなどの抗体を作ります。ヒスタミンがくしゃみや鼻水を起こし、ロイコトリエンが鼻づまりを起こさせます。

ラクトフェリンの花粉症への効果は、抗体の発生を抑えることにあります。ラクトフェリンは、小腸にある上皮細胞を刺激して腸内のIgA抗体の数を増やし、体内にアレルゲンが侵入するのを防ぎます。また、免疫細胞であるT細胞にはたらきかけ、抗体の生成を抑制するのです。

ラクトフェリンの花粉症への効果は、さまざまな研究結果が報告されており、動物実験ではアレルギー症状を起こすヒスタミンなどの抗体の生成を抑制するはたらきが確認されています。また、ボランティアによる臨床試験では花粉症非限らず、アトピー性皮膚炎や喘息などにも有効であることが報告されています。

花粉症などのアレルギー症状を抑えるために摂取するには、1日あたり300mg〜600mgが目安とされています。ヒスタミンを一時的に抑える花粉症の治療薬とは違い、花粉症の原因を根本から改善してくれ、効果の持続性も高いと言われています。

ラクトフェリンの安全性や副作用については、医療分野においてもさかんに研究が進められているので、安全性が高いことも評価されています。そのため、アレルギー体質の方が摂取してもラクトフェリンで副作用が出る可能性は極めて低いと言えます。

私のラクトフェリン体験談はこちら
▲ ページのTOP