免疫改善効果で大注目のラクトフェリン

日常的に私たちは、数多くの病原菌やウイルスにさらされており、それらは鼻や口、目などから体内へ侵入してきます。それでも重い病気にかからずにいられるのは、体を異物から守る免疫システムがはたらいているためです。

人体の免疫システムは、免疫細胞や免疫物質がはたらいて病原菌やウイルスと戦う生体防御システムです。また、血圧や体温を一定の数値に保ったり、痛みや傷などを回復させようとする全身の恒常性の維持に関係しています。

しかし、免疫システムは25歳前後から徐々に低下し始め、40歳ではピーク時のおよそ半分くらいにまで低下すると言われています。普段から生活習慣の乱れを改善させたり、ストレスを解消することである程度回復しますが、近年ではラクトフェリンの免疫効果が期待されています。

主な免疫システムは、白血球中にあるT細胞やB細胞、顆粒球、マクロファージ、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)といった免疫細胞です。いずれも病原菌やウイルスから体を守る重要な役割をになっていますが、中でも最も頼りになるのがNK細胞です。

ラクトフェリンの免疫効果の要であるNK細胞を活性化させるはたらきがあるほか、胃の消化酵素に分解されて変化したラクトフェリシンの抗菌力も大変すぐれています。ラクトフェリンの10倍以上の抗菌力と免疫力調整作用があります。

ラクトフェリンは、抵抗力の弱い赤ん坊を病原菌やウイルスから守る免疫力を補うだけでなく、成人に対しても抗ガン作用や免疫機能強化、整腸作用、アレルギー症状低減などの魅力的な効果を発揮します。日常生活に取り入れる場合は、1日500mg〜1200mgの摂取が理想的です。

私のラクトフェリン体験談はこちら
▲ ページのTOP