漢方薬による便秘の解消方法で効果を実感できるのか?

漢方薬で便秘を解消するのも一つの方法でしょう。漢方の治療の概念に、「気・血・水」の三要素があります。「気」とは活力、「血」とは血液やホルモンなどの体液のことをいい、「水」とは体内にある水分のことをいいます。この三要素のうち、その人の体には何が欠けているかによって、それを補う薬が処方されます。

まるでうさぎのフンのように、コロコロした便が出るタイプは、漢方薬で便秘を解消するとしたらどのようなものがよいでしょう。漢方の中の「水」、つまり体内の水分が不足しているという状態なので、体を潤す働きのある「順腸湯」(じゅんちょうとう)や、「麻子仁丸」(ましにんがん)などが処方されるようです。

女性で、月経の不調があったり、のぼせや頭痛がする場合には、「桃核承気湯」(とうかくじょうきとう)などの漢方薬で便秘を解消するとよいでしょう。この漢方薬には、滞った血の流れをよくする効果などがあります。

様々な漢方薬で便秘解消

精神的なストレスを受けやすい人や、不眠やイライラを伴う場合、漢方薬で便秘解消するとしたら、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれとう) などがよいでしょう。漢方でいう「気」の巡りをよくする生薬といわれています。

最近よくみられる、便秘と下痢を繰り返すタイプには、どんな漢方薬で便秘を解消したらよいかというと、腸の働きを調整してくれる、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)、小建中湯(しょうけんちゅうとう)の2つを使うとよいでしょう。

漢方薬で便秘解消する方法をいろいろみてきましたが、中にはいくつかの症状が合わさっている場合もみられますので、医師による診断をきちんと受けた上で、自分に合った漢方薬を処方してもらうのが安心ですし、確実だといえます。


なかなか便秘が解消しないそんな方には

食事や体操で誰でも便秘が解消されればいいですが、やっぱり長年悩んでいる方も多いですよね。実は私もそうでした。一週間出ない時も多く、本当にずっとぽっこりお腹に悩んでいたんです。

そんな私でも試し初めて2日後に驚くほどすっきり出たのが「ラクトフェリン」。あなたも一度騙されたと思って試してみて下さい。本当に驚きますよ^^。

1日たった3粒でお腹に変化が私のラクトフェリン体験談はこちら
▲ ページのTOP