メタボリック症候群の原因となる内臓脂肪低減効果にも期待

ラクトフェリンは、母乳や乳製品に含まれる多機能タンパク質で、免疫関連以外にも、メタボリック症候群の原因となる内臓脂肪低減効果も期待できます。これはライオンが行った人間を対象とした臨床試験ですでに立証されています。

ライオンでは、生体内の反応をDNAレベルで解析する技術を用いて、ラットの腸間膜から成熟脂肪細胞を採取して分析した結果、世界で初めてラクトフェリンを与えるほうが増えると脂肪分解後に生成される成分が増えることが判明しました。

また、ラクトフェリンには脂肪分解を促すリパーゼという酵素のはたらきを阻害するタンパク質の発生を抑制するはたらきも確認されています。脂肪分解を促す成分としてはポリフェノールも有名ですが、ラクトフェリンの内臓脂肪低減効果はそれをはるかに上回ると言われています。

内臓脂肪とは、腸管の周りにある脂肪細胞の中に溜まる脂肪のことで、最も脂肪が蓄積されやすい部位は小腸を囲う薄い腸間膜の脂肪細胞です。ここに脂肪が溜まると、お腹まわりがでっぷり太って見える状態になります。

ラクトフェリンの内臓脂肪低減効果は、小腸のみに確認されています。ラクトフェリンは胃と小腸で分解されますが、胃では脂肪分解作用は認められなかったという研究結果が出ています。そのため、ラクトフェリンを摂取する場合は、胃で分解されずに腸まで届く『腸溶性ラクトフェリン』が適しています。

ラクトフェリンは、無理な食事制限を行わなくても効果的に内臓脂肪を減らすことができます。そのため、ダイエットによる精神的ストレスや栄養不足で健康に害を及ぼすことはありません。ラクトフェリンを摂取しながら、適度な運動やバランスの良い食事を行うことで、より健康的に内臓脂肪を減らすことができるのです。

私のラクトフェリン体験談はこちら
▲ ページのTOP