人気爆発の便秘解消コーヒーとは?

便秘解消にコーヒーがいい、と聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。それは、コーヒーに含まれているカフェインの働きによるものです。1日2杯以上コーヒーを飲むと、便秘解消につながるという研究結果も出ているそうです。

便秘解消にコーヒーがいいと言われる理由は、コーヒーに含まれるカフェインには、腸の蠕動運動を活発にし、便通を促してくれるという働きがあるためです。ただ、コーヒーを飲むことが多い人は、体がカフェインに慣れてその効果があらわれにくくなることもあるようです。

アデノシンという物質と、コーヒーに含まれるカフェインの関係がわかると、便秘解消にコーヒーが効く、ということが理解できるでしょう。まず、アデノシンとは、眠気を催す働きがあります。一方、カフェインは、アデノシンの働きを抑制します。

便秘に効くコーヒーの成分

眠気を催すアデノシンを、カフェインが抑制するということが、眠気覚ましにコーヒーが利用される理由です。そしてアデノシンは、排便を抑制するという働きもあるのですが、この働きをカフェインが抑えることにより、排便が促されるようになるのです。

便秘解消にコーヒーがいい、といわれる中、逆に「コーヒーを飲むと便秘になる」という説も聞かれます。しゅうれん作用があり、便秘を引き起こすといわれているタンニンが、コーヒーに含まれるからという理由のようです。

ところが、実際にはコーヒーにはタンニンは含まれておらず、タンニンと非常によく似た構造や働きを持つクロロゲン酸というものが含まれています。しかも、焙煎することによって、その成分の多くは失われてしまいます。したがって、便秘解消にコーヒーがいいという説は有効であるといえるのではないでしょうか。

なかなか便秘が解消しないそんな方には

食事や体操で誰でも便秘が解消されればいいですが、やっぱり長年悩んでいる方も多いですよね。実は私もそうでした。一週間出ない時も多く、本当にずっとぽっこりお腹に悩んでいたんです。

そんな私でも試し初めて2日後に驚くほどすっきり出たのが「ラクトフェリン」。あなたも一度騙されたと思って試してみて下さい。本当に驚きますよ^^。

1日たった3粒でお腹に変化が私のラクトフェリン体験談はこちら
▲ ページのTOP