慢性的な便秘の種類を紹介

慢性的な便秘には、3つの種類があります。そのうちの1つが「弛緩性便秘」です。運動不足によって、大腸の蠕動運動の働きが悪くなっているほか、大腸などの内臓が下垂(下に垂れさがる)することによっても、大腸の働きが悪くなり、便秘が起こります。

慢性的な便秘の一つである弛緩性便秘になると、お腹が張っている感じがしたり、コロコロと硬い便が出る、便が出きらない感じがするなどの症状の他に、頭痛や肩こり、冷え、だるさ、食欲低下などの症状がみられる場合もあります。

慢性的な便秘のうち2つ目は、「痙攣性便秘」というものです。ストレスにより自律神経が乱れることにより、大腸の筋肉が緊張して痙攣を起こしてしまい、排便がしづらくなるというものです。睡眠不足など、不規則な生活も原因になるようです。

悪化しやすい慢性的な便秘

痙攣性便秘は、過敏性腸症候群の便秘型という症状であらわれることもあります。痙攣性便秘になったときには、腸内で溶けにくい不溶性食物繊維では刺激が強く、便秘の症状が悪化することも考えられます。海藻やこんにゃくなどに含まれる水溶性食物繊維を摂ることをおすすめします。

慢性的な便秘のうち3つ目は「直腸性便秘」です。朝トイレに行く時間がなかったりして、便意を我慢してしまうことが続くと、直腸の働きが鈍感になってしまい、便が溜まったという刺激が大脳に伝わりにくくなります。

直腸性便秘によって、便が腸に留まる時間が長いと、水分が吸収されて非常に硬い便になります。そうなると、下剤や浣腸を使用したくなりますが、この直腸性便秘にとってそれは、強い刺激となり、症状が悪化してしまいますので、気をつけましょう。

なかなか便秘が解消しないそんな方には

食事や体操で誰でも便秘が解消されればいいですが、やっぱり長年悩んでいる方も多いですよね。実は私もそうでした。一週間出ない時も多く、本当にずっとぽっこりお腹に悩んでいたんです。

そんな私でも試し初めて2日後に驚くほどすっきり出たのが「ラクトフェリン」。あなたも一度騙されたと思って試してみて下さい。本当に驚きますよ^^。

1日たった3粒でお腹に変化が私のラクトフェリン体験談はこちら
▲ ページのTOP