便秘に効くビフィズス菌を賢く摂ろう!

ビフィズス菌とは、ラテン語で「分岐」をあらわす言葉だそうです。菌の形がまるでアルファベットのVやYに似ていたことからその名がつきました。1899年に、乳児の便に含まれていたことがきっかけで発見されました。

腸の中には、ビフィズス菌などの善玉菌と、ブドウ球菌や大腸菌などの悪玉菌、そして良くも悪くもない菌が住んでいます。悪玉菌といっても、腸の中にいる限り発病はしないのですが、増え過ぎてしまうと悪い影響を及ぼします。

そのビフィズス菌ですが、母乳を与えている子供の便に多く含まれることがわかっています。ビフィズス菌は、大腸菌などが増えるのを抑えてくれるので、赤ちゃんが腸の病気にかかったり、それが原因で死亡してしまうのを防いでくれるという働きがあるのです。

悪玉菌の恐い影響とは

もし、腸内に悪玉菌が増えてしまうと、どのような影響を及ぼすのでしょうか。免疫力が落ち、様々な感染症にかかりやすくなったり、発がん性物質が作られる量が増えたり、また、下痢や便秘がおこりやすくなってしまうようです。このようなことからも、ビフィズス菌を摂取することの必要性がわかります。

ヨーグルトなどにビフィズス菌が入っていると思っている人も少なくないと思います。一般的なヨーグルトは、ブルガリア菌とサーモフィラス菌という、二つの乳酸菌から作られています。これに、ビフィズス菌を加えて発酵させたものの方が、効果があるといわれています。購入する際は、ビフィズス菌が入っているか確認してみるとよいでしょう。

最近では、ビフィズス菌の入ったサプリメントも多く出回っています。サプリメントの良い点は、ビフィズス菌が体内に入ってから胃で吸収されてしまわずに、大腸まで届く点です。その方が、大腸に届くビフィズス菌の数が多くなり、それだけ働きもよくなるからです。

なかなか便秘が解消しないそんな方には

食事や体操で誰でも便秘が解消されればいいですが、やっぱり長年悩んでいる方も多いですよね。実は私もそうでした。一週間出ない時も多く、本当にずっとぽっこりお腹に悩んでいたんです。

そんな私でも試し初めて2日後に驚くほどすっきり出たのが「ラクトフェリン」。あなたも一度騙されたと思って試してみて下さい。本当に驚きますよ^^。

1日たった3粒でお腹に変化が私のラクトフェリン体験談はこちら
▲ ページのTOP