便秘になると口臭がきつくなると言いますが本当?

口臭の原因は、食べ物の残りかすが口内に溜まったことであったり、虫歯になったりすることなどいくつかありますが、便秘をすることによっても、口臭が発生することがあります。そこで、便秘と口臭の関係をみて行きたいと思います。

便秘によって腸の中に便が長い間留まると、それは腸の中の不純物になります。この不純物を好むのが、悪玉菌です。悪玉菌は、腸内の不純物を餌にして増えていきます。そして、この悪玉菌の働きにより、有毒ガスが発生します。これが口臭のもとになります。

腸の中だけで有毒ガスが発生しているのならまだよいのですが、この有毒ガスは、腸の壁から吸収され、血液によって肺に運ばれることで息に含まれ、息を吐き出すときに嫌な臭いを発するのです。これが、便秘と口臭の関係です。

口臭とおならは同じ原因です。

ちなみに、口臭の臭いと、おならの臭いのもとは同じ有毒ガスなのです。そう考えると便秘と口臭の関係がよくわかる気がします。とにかく、口臭があるという人は、その口臭の原因が何であるかを突き止めることが第一です。

便秘と口臭の関係が、自分の口臭の原因だった場合には、便秘を解消する方法を考えていくのが一番です。ビフィズス菌とオリゴ糖を摂るようにして腸内環境を整えたり、適度な運動で腹筋を鍛えて腸の働きを良くするのもいいでしょう。

最近では、便秘と口臭の関係を考えたサプリメントなども登場しています。腸内環境を整える成分を配合し、なおかつ消臭成分も配合されているようなサプリメントがあります。便秘解消のための努力と並行して、このようなものも利用してみてはいかがでしょうか。

なかなか便秘が解消しないそんな方には

食事や体操で誰でも便秘が解消されればいいですが、やっぱり長年悩んでいる方も多いですよね。実は私もそうでした。一週間出ない時も多く、本当にずっとぽっこりお腹に悩んでいたんです。

そんな私でも試し初めて2日後に驚くほどすっきり出たのが「ラクトフェリン」。あなたも一度騙されたと思って試してみて下さい。本当に驚きますよ^^。

1日たった3粒でお腹に変化が私のラクトフェリン体験談はこちら
▲ ページのTOP