赤ちゃんの便秘に注意してあげましょう

赤ちゃんの便秘については、必要以上に神経質になることはありませんが、うんちが出なくて苦しそうにしていたり、心配になるくらいの日数が経っている場合には、気軽にかかりつけのお医者さんに相談してみましょう。

赤ちゃんが便秘になる原因には、母乳やミルクの量が不足しているということが考えられます。ミルクを飲む量が少なかったり、飲むのに時間がかかるといった場合には、かかりつけのお医者さんに相談してみるとよいでしょう。

一番多い赤ちゃんの便秘の原因は、離乳食を食べるようになった時です。それまでは体内に入ってくるものは水分状だったのが、柔かいとはいえ固形物が入ってくることになり、消化吸収するのに体がまだ慣れていないため、便秘や下痢が引き起こされることが少なくありません。

離乳食を取り入れると始まりやすい便秘

離乳食を取り入れることによって、水分量が母乳やミルクで摂取していたときより減ってしまうことも、赤ちゃんの便秘の一因になっているといえます。それから、離乳食が進むと、消化の良いものの与え過ぎで、うんちのかさになるものが不足してしまうことも赤ちゃんの便秘の原因の一つです。

運動不足から赤ちゃんが便秘になることもあります。寝返りを打ったり、はいはいができるようになるまでは、自分であまり体を動かすことができないので、この時期にはお母さんが、足を持って動かしてあげるなどするとよいと思います。

赤ちゃんの首が座って生後6ヶ月くらいになると、赤ちゃんを外に連れ出すことも増えてきます。中には、そろそろ旅行に連れていこうと考える人もいるかも知れません。旅行などで、生活のリズムが狂うことにより、赤ちゃんの便秘の原因となることもあるようです。

なかなか便秘が解消しないそんな方には

食事や体操で誰でも便秘が解消されればいいですが、やっぱり長年悩んでいる方も多いですよね。実は私もそうでした。一週間出ない時も多く、本当にずっとぽっこりお腹に悩んでいたんです。

そんな私でも試し初めて2日後に驚くほどすっきり出たのが「ラクトフェリン」。あなたも一度騙されたと思って試してみて下さい。本当に驚きますよ^^。

1日たった3粒でお腹に変化が私のラクトフェリン体験談はこちら
▲ ページのTOP